「非常事態のヤマハ」がすがりつくトヨタ

2009年12月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「わざわざ東京モーターショーの時期に合わせなくても」という陰口が聞こえてきそうなのが、10月26日に突然発表されたヤマハ発動機(以下ヤマハ)の社長交代劇だった。8月に発表した1~6月期の連結純損益は、259億円の黒字だった前年同期から747億円の赤字に転落。通期の業績も下方修正し、純損失は当初予想の420億円から1820億円に拡大するとした。経営不振の責任を取って梶川隆社長(65)が代表権のない取締役に退き、後任に戸上常司会長が就いた。会長職は空席となる。梶川氏が主力部門のひとつマリン事業部出身なのに対し、戸上氏は産業用ロボットなどを手がけるIM(インテリジェント・マシナリー)事業を新規に立ち上げ、一部門に育て上げた。その手腕で経営刷新を図ろうというのだろうか。戸上氏は取締役、専務を経て代表権のない会長に就任。この非常事態に急遽会長から社長の座に就くというきわ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。