中国唯一のスクープ誌「財経」蹉跌

「最危険的女人」編集長の調査報道が当局に煙たがられ、投資家と対立して、ついに独立へ。

2009年12月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

「元気いっぱい中国オバサン」胡舒立氏(56歳)にしては、まるで無気力で切ないことばの羅列だった。10月12日付の「中国新聞週刊」が、建国60年の今年に建国100年にあたる2049年に贈るメッセージを特集した。隔週経済誌「財経」の胡編集長も、そこに「確定できないビジョン」という見出しで寄稿していたのである。のっけから「新聞人の家に生まれたが、北京大学中国語学部への進学希望がかなわず、中国人民大学新聞学部に合格した」と歯切れが悪い。レーニンを引用しながら当時を振り返り、「人民日報」は「ただの政治的娼妓」に思え、新聞学部は嫌でしかたがなかったという。大卒後の27年間、ジャーナリストとして活動した日々に簡単に触れ、「11年前に『財経』誌を創刊した。その時は雑誌の未来を予測できなかったし、長期展望はまったくなかった。ひたすら頑張って今日に至った」と書くだけ。40年後 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。