「アフガン増派」で米国分裂

「この戦争は敗北間近」。現地米軍司令官の要請に、ノーベル平和賞のオバマ大統領は苦渋の選択を迫られた。

2009年12月号 GLOBAL [乱舞する代替案]

  • はてなブックマークに追加

治安が悪化するアフガニスタンに対し、ワシントンでは最近「中間オプション」(intermediate options)をめぐってさまざまなアイデアがせめぎあっている。一方には駐留米軍司令官、スタンレー・マクリスタルが要求する数万人規模でのNATO(北大西洋条約機構)軍、すなわち米軍を増派する案に顔を顰める人々もいれば、他方には元国防長官ドナルド・ラムズフェルドが提唱した「ミニマリスト・アプローチ」(ハイテク兵器を利用して最小限の兵力で任務を遂行する)へ回帰する案に不快を隠さない人々もいるのだ。不正が横行したアフガニスタン大統領選挙は、タジク人のアブドラ・アブドラ元外相が決選不出馬を表明。11月2日にパシュトゥーン人のハミド・カルザイ大統領の再選が決まったものの、政情安定にはほど遠い。ワシントンで中間オプションの議論が出るのは理解できる。ただ、それらの内容は、マクリ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。