「頂上」を去った俳人の「麓」

『評伝 頂上の石鼎』

2009年12月号 連載 [BOOK Review]

  • はてなブックマークに追加

俳句ブームだといわれて久しいが、俳句がどれほど一般に親しまれているかとなると疑問である。例えば本書のタイトル『頂上の石鼎』。俳句に関心の薄い読者は、まず「石鼎」で首をひねるはずだ。山のてっぺんに据えてある石の鼎? 「評伝」の文字がなければ、古代史ロマンを想像しかねない。原石鼎(せきてい)、大正、昭和期の俳人と知っても、代表句の一つも思い出すまい。漱石以降多くの作家の名は知れ渡っても、俳人は子規一人、あとはせいぜい虚子に山頭火程度しか一般には知られていない。虚子門下で天賦の才に恵まれた随一の俳人石鼎も、世に忘れられるマイナーな世界である。頂上や殊に野菊の吹かれ居り花影婆娑(ばさ)と 踏むべくありぬ岨(そば)の月淋しさに また銅鑼打つや鹿火屋(かびや)守家業の医師を目指しながら俳句に熱中、挫折した石鼎は大正元年、次兄の医業を手伝うため吉野の ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。