【天然ガス革命】北米の「福音」

「ガス大国」ロシアが青ざめた。米国全土に新たな鉱床。LNG輸入激減で世界の資源地図が塗り替わる。

2009年12月号 GLOBAL [LABYRINTH]

  • はてなブックマークに追加

頁岩(けつがん・シェール)と聞いて、古生物学者で名文家の故スティーブン・ジェイ・グールド(ハーバード大学教授)をとっさに連想できる人は、彼の傑作『ワンダフル・ライフ』に魅せられた人に違いない。5億7千万年前の地球に起きた奇跡――謎の「カンブリア紀の大爆発」で生物は劇的な進化を遂げ、奇想天外な多細胞動物が無数に出現した(宮崎駿『風の谷のナウシカ』の王蟲(オーム)はその一つハベリアがモデルだろう)。その化石が大量に発見されたのが、カナダのブリティッシュ・コロンビア州の東端、ロッキー山脈のバージェス尾根にある頁岩からなのだ。頁岩とは、泥土が堆積して層状に固まり、本を畳んだように薄く剥がれやすい岩のこと。泥板岩と呼ばれる圧密作用を受けた頁岩はスレート屋根などに使われ、石油を含むものは油頁岩(オイルシェール)、派生するガスは頁岩ガス(シェールガス)と ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。