長妻厚労相の父上が叙勲「警察功労・瑞宝双光」の栄誉

2009年12月号 POLITICS [ポリティクス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

長妻昭厚労相の父、謙三郎氏(78)が秋の叙勲を受けた。謙三郎氏は叩き上げの警視庁デカとして働き、「ノンキャリ」の出世頭の一人として、87年8月から88年8月まで、東京・世田谷警察署長(警視正)を務めた。11月9日、グランドアーク半蔵門で、国務大臣・国家公安委員長の中井洽氏から警察功労章・瑞宝双光章の伝達を受け、その後、皇居での拝謁に臨んだ。警察功労章は、警察表彰の最高位、警察勲功章に次ぐ栄誉。警察職員として抜群の功労があり、一般の模範となる者に贈られる。瑞宝双光章は旧制勲五等に相当する。退官後の謙三郎氏の落ち着き先は小田急建設。88年10月から96年9月まで専門部長を務め、現役を退いた。小田急建設では、元警察署長の経歴を生かし、建設現場でのトラブル対応や「親元」との調整役を担った模様。在職期間がちょうど8年であることからわかるように、警察署長経験者が引き ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。