建築基準法「再改正」に意気込む前原国交相

2009年12月号 POLITICS [ポリティクス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

国土交通省が建築基準法の再改正に乗り出した。05年の耐震強度偽装事件を機に行った法改正が現場の大混乱を招き、「天下の悪法」と猛烈な批判を浴びた。その反省から、前原誠司国交相が同法の見直しを指示。建設・住宅業界の負担を軽減する一方、違反への罰則を強化する方向で調整し、来年の通常国会にも法改正案を提出する方針だ。07年施行の改正建築基準法は、マンションなど一定の高さ以上の建物の建築確認に際し、第三者の専門機関が構造強度を再審査する制度を導入。審査を強化することで偽装の再発防止を図った。しかし、国交省の周知不足などが響き、施行直後から審査が滞り、住宅着工が一時期激減。建設・不動産会社の倒産が相次いだ。前原国交相は「手続きが煩瑣すぎる。建築業界を育成し、経済にプラスになる観点からあり方を見直さなければ」と、再改正の狙いを明かす。関係業界からは歓迎の ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。