長寿命のLED照明はメーカーにとって両刃の剣

2009年12月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

消費電力の少なさと長寿命で注目を浴びるLED(発光ダイオード)照明。世界的な温室効果ガス排出削減の流れの中で東芝やパナソニック、シャープなどが次々とLEDを使った家庭用照明事業に参入し、ちょっとしたブームの様相を呈している。LEDの消費電力は白熱電球のわずか8分の1、蛍光灯と比べても4割はエネルギーを節約できるのが最大の特徴だ。一般家庭なら10年間は交換が不要という長寿命も利点のひとつ。普及のネックだった価格もこなれつつあり、今春には8千円程度とかなり値が張ったが最近は競争激化で4千円台まで値下がりしている。あと2、3年でさらに半額になるといわれ、本格普及の機は熟したかにみえる。ところが、LED事業を進める各社は手放しでは喜べない。省資源の観点からLEDの長寿命は歓迎すべきとわかっていても、いったん売れた商品が「10年間も買い替え不要では商売にならない」(メーカ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。