編集後記

2009年12月号 連載

  • はてなブックマークに追加

雑誌編集長はストリッパーと同じで、自分の内臓をさらして生きている。だから、この因果な稼業に明け暮れる人は「餅は餅屋」ではないが、他人の雑誌も一目見ればたちどころにその本性を見抜ける。灰色の脳細胞が明滅して「こいつは同類」と直感するのだ。中国の隔週刊誌「財経」(Caijing)の女編集長、胡舒立(フーシュリ)さんも、私にとってはそんなジャーナリストだった。▼1998年の創刊以来11年間編集長を務めてきたが、11月9日に辞表を出した。その経緯は70~71ページの記事を読んでほしい。検閲や報道管制が厳しい中国では、ほとんど奇跡とも言えるような小気味いい攻撃的な暴露(調査)報道を売り物にしてきた。小誌と志を同じうすると言っては、彼女に不遜だろうか。少なくともジャーナリストの嗅覚がよく似ていることは確かと思える。▼たとえば、彼女の編集の最終号トップ記事。「黎強紅与黒」 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。