山口 那津男氏(公明党代表)

「マニフェスト絶対主義」は大混乱を招く

2009年11月号 POLITICS [インタビュー]

  • はてなブックマークに追加

――衆院選で議席を31から21に大きく減らしました。敗因をどう分析しますか?山口 公明党らしさを十分に伝えることができず、「政権交代」という大きな「うねり」の中に埋没してしまった。振り返ると、その「うねり」は一昨年の参院選の時というより、それ以前から始まっていました。それが、参院選以降に総理が3人も続けて変わったことで加速され、「解散」の時期を先送りすればするほど高波になりました。連立パートナーの公明党は事態を打開する役割を果たすべきでしたが、ズバッとものが言えぬまま選挙戦に突入してしまいました。「公明党らしさを取り戻せ」──。地方議員や党員、支持者の要望は、これに尽きますね。

来夏の参院選に向け全力投球

――そもそも公明党らしさとは?山口 第一に「大衆とともに」という立党の精神です。これこそ民主主義の真髄。戻るべき原点があることが我々の強みです。どの時代にあっても、これ抜 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。