電気自動車に賭ける安川電機の野望

「モーターなら任せろ!」とマツダと組んで自動車市場参入をめざす「北九州の雄」。

2009年11月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

トヨタ「プリウス」やホンダ「インサイト」などのハイブリッド車(HV)や三菱自動車の「アイ・ミーブ」といった電気自動車(EV)のアクセルを踏む物足りなさ。ブルルンというエンジン音こそ自動車の逞しさの象徴だったが、モーターで駆動するHVやEVは音もなく走り出す。しかし、このモーターで動くEVの登場こそ、自動車産業の次世代戦争を告げる号砲なのだ。エンジンとそこで生み出されるパワーを制御して車輪に伝えるトランスミッション(変速装置)は、これまで自動車メーカーが自前で製造を続け、技術流出と異業種参入を拒んできた基幹部品だ。ところが、EVはエンジンもトランスミッションもいらない。「モーター」と、これを制御する「インバーター」、動力源の「電池」さえあれば、EVは走る。モーター、インバーター、電池なら電機メーカーに技術の蓄積がある。自動車メーカーの隙を突き、電機メー ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。