橋下「首長連合」新党が台風の目

2009年11月号 DEEP [ディープ・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

9月27日、政令指定都市となって初の大阪府堺市長選挙で、民自公の3党相乗りで3選を目指した現職の木原敬介市長(69)が、3カ月前に出馬した元大阪府政策企画部長の竹山修身氏(59)に惨敗した。公明党の基礎票7万票に加え、堺市議の8割が現職につき「絶対に負けるはずはなかった」(堺市議)が、13万6千票を獲得した竹山氏とは4万7千票の大差で敗北。無名の新人を勝たせたのは、元部下の応援に回った大阪府の橋下徹知事だった。橋下知事は何度も街頭に立ち、「皆さんはバカにされているんですよ。衆議院で戦った自公民の相乗りなんてクソくらえ。308議席とって調子に乗っている民主党にもノーを突きつけなきゃいけない!」と言葉巧みに演説。多くの市民が足を止めて聞き入った。さらに、知事らが結成した「首長連合」の河村たかし名古屋市長らも応援に駆けつけた。地元メディアの報道合戦と相俟って、オ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。