編集後記

2009年11月号 連載

  • はてなブックマークに追加

本人がカミングアウトしちゃったから、もういいのだろう。旧大蔵省の異能官僚でありながら霞が関に反旗を翻し、特別会計積立金の不明朗を暴いて「埋蔵金男」と呼ばれた高橋洋一氏(元内閣参事官)が、半年余の沈黙を破って新著『恐慌は日本の大チャンス』(講談社)を出した。3月に起きた書類送検のてんまつは、序章で4ページほど書いてある。▼彼に電話した。「本、読んだよ。微妙だな」「どうして?」「例の一件、あれでみんな納得するかな」。本の腰巻きには「国家の陰謀!」とあるのに、本文は「ロッカーにあったなにかを届け忘れた」という落ち度は決して弁解できないもの、と恬淡と綴っている。陰謀説を読みたい野次馬、それをあてこみたい出版社の下心をあっさり外していた。実は不起訴処分以降、私は何度も彼に会って聞いているから、何があったかより、どう書いてあるかが関心事だった。▼彼は数 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。