「直嶋抜擢」で小沢がトヨタ羽交い絞め

ただの労組出身議員ではない。民主党とトヨタ首脳のパイプ役を経産相に起用した目論見とは……。

2009年11月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

新内閣で経済産業大臣に就任した直嶋正行氏(63)。2007年に参議院議員として初の民主党政策調査会長に就き、衆院選前は民主党マニフェスト作成の責任者を務めた。しかし、知名度は低く、大臣就任時には「直嶋、Who?」と囁かれた。経産相に抜擢された直嶋氏とは、いかなる人物なのか。直嶋氏は大阪府池田市の出身。1971年に神戸大学経済学部を卒業し、トヨタ自動車販売(現トヨタ自動車)に入社した。一橋大学と並ぶ「3商大」の一角、神戸大のOBはトヨタにも少なくない。直嶋氏は3人兄弟の長男として生まれ、若くして父を亡くし苦学した。定時制高校から神戸大に進んだため、入社時には25歳になっていた。トヨタでは中古車部など販売部門に勤務した。

「直嶋3選」を望んだ小沢

自動車産業の現場で働いたのは10年足らず。80年から労働組合の専従となる。35歳の時だ。オールトヨタの労組を束ねる全トヨタ労連組織局長などを経て ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。