海外受注獲得で意気込む国産ジェット「MRJ」の明暗

2009年11月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

官民一体で開発を進める国産初の小型ジェット旅客機「三菱リージョナルジェット」(MRJ)が米航空会社から初の海外受注を獲得した。受注残を一気に125機に積み増したが、採算ラインの350機には依然として程遠い状況。ロシア、中国の新興メーカーが低価格機で攻勢をかけており、商社筋は「燃費の良さだけでは商談で勝てない」と値引き販売の秒読みに入った。小型機市場で圧倒的なシェアを誇るカナダのボンバルディア、ブラジルのエンブラエルに対抗するため、開発主体の三菱航空機は基本設計の変更に着手。客室の拡大と100席機の追加投入に踏み切り、ようやく海外受注につなげた。江川豪雄社長は「これを機に世界販売に力を入れる」と意気込む。が、今回受注した100機のうち50機はオプション契約で「今後の経済情勢の変動でキャンセルもあり得る」(同社)。つまり仮注文に過ぎないのだ。MRJが搭載する米 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。