皇后美智子に「母性」の深遠

象徴天皇の「かたち」は、精神的、肉体的に強靱な、類希なる民間妃の支えがあって初めて完成した。

2009年11月号 LIFE [結婚50年満75歳の節目]

  • はてなブックマークに追加

皇后美智子は10月20日、満75歳の誕生日を迎える。今年は皇后登位20年、結婚50年の大きな節目である。皇后といえば、優しさ、慈愛といったイメージだが、精神的、肉体的に強靭な女性であり、超一流の文化・教養人である。過去の皇后の姿に学び、象徴としての皇后像をつくり、そこにとどまらず、さらに踏み込んでその姿を深遠、深化させた。象徴天皇の「かたち」は、平成の天皇ひとりで出来たのではなく、この皇后の支えがあって初めて完成した。歴代中、後世に長く語り継がれる存在であろう。9月28日午前、東京・有明コロシアム。皇后は引退を表明した女子プロテニスプレーヤーの杉山愛の試合を観戦していた。そこへボールが飛び込み見事にキャッチ、グラウンドに投げ返した。観客席から拍手が上がり、皇后もにっこり笑って応えた。ごく自然な国民との交流で、表情にゆとりがあった。

未だに癒えない傷み

「50年前、普通の ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。