中川 昭一氏(元財務・金融担当相)

「素人」大臣の直感

2009年11月号 連載 [ひとつの人生]

  • はてなブックマークに追加

携帯電話をあけて宛先リストをひらくと、悲痛な気分になる。「な」の項の先頭は「中川昭一」。もう、彼から発信が届くことはなく、かけたって彼はいない。だが、その名を消去する気になれない。忘れもしない。あれは昨年10月8日の夜だった。9月15日のリーマン・ショックで世界の金融・資本市場が凍りつき、銀行間市場の異常に誰もがうろたえた時。たまたま頼まれた講演があって、東京・虎ノ門のホテルオークラ12階に顔をだした。現職の財務・金融相の彼も来る予定と言われた。当事者を前にして現下の危機を解説するとは「釈迦に説法」と恐縮したが、ほどなく「大臣は遅れて参ります」と告げられ、内心ほっとした。講演が質疑応答にさしかかったころ、彼がSPを連れて到着して、頭をかきながら「いやあ、ぜひ話が聴きたかった」と照れくさそうに言う。つい3日前の日曜夜、帝国ホテルの一室で麻生太郎総理 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。