新日石・新日鉱統合の「難題」は渡ワンマン会長の処遇

2009年11月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

半年以上も延期された新日本石油と新日鉱ホールディングスの経営統合は10月13日現在、月内の統合本契約調印に向けて最終調整に入った。唯一悩ましいのが新日石の渡文明会長の処遇だ。石油業界のコメントとして常に氏の談話が報じられるように、業界の顔であり、新日石の最高実力者でもある。今も人事権を牛耳り、海外のビッグプロジェクトなど重要案件を自ら指揮している。西尾進路氏に社長をバトンタッチして4年以上経つが、そのワンマン政権に変わりはなく、「渡商店」と揶揄される所以だ。両社の統合は大が小を呑む再編と見られがちだが、実はそうではない。日立製作所と同じ銅山経営を源流とする新日鉱は、世界的競争力を誇る銅精錬やIT関連素材に優れた金属事業部門を持つ名門。「業界では前例のない異業種再編に近い組み合わせ」と大手証券アナリストは言う。石油需要の減少に歯止めがかからない ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。