NECら「携帯3社連合」は世界市場で勝ち目なし

2009年11月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

NECとカシオ計算機、日立製作所の3社が来春、携帯電話端末事業を統合する。国内シェアは約19%と首位のシャープに近づくが、日本市場はすでに飽和状態。そこで連帯して海外市場を狙うようだ。3社は新合弁会社で12年度に世界販売1200万台という目標をぶち上げた。しかし、グローバルな携帯端末の市場規模は年間12億台。仮に目標を達成しても、シェアは1%にすぎず、並み居る世界の大手に太刀打ちできない。トップのノキア(フィンランド)は世界シェア38%を誇り、四半期ごとに1億台以上販売する。2位のサムスン電子(シェア16%)、3位LG電子(同8%)の韓国勢に対しても「3社連合に勝ち目はない」(NEC関係者)。3社は技術力を武器に海外市場の開拓を目論むが、世界の潮流は「高機能より低価格」。高機能路線を突き進んで「ガラパゴス化」した日本メーカーに価格競争力はなく、仮に戦略が奏功しても半 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。