ダム依存より総合的な治水対策を

2009年11月号 連載 [隗より始めよ]

  • はてなブックマークに追加

前原誠司国土交通相は八ツ場ダムや川辺川ダムの建設中止に続き、国が事業主体のダムについては改修実施中のものを除いて、今年度内、すべて工事を凍結すると表明した。ダム事業の大幅縮小を図る民主党の政策に関して、三点コメントしたい。まず、ダム建設には地元民の合意が前提という不文律があるが、実際には地元の意識集約自体なかなか難しい、という実態を知る必要がある。地元といっても、ダムによって水没する水源地域と下流地域では、意識が大きく異なることが多い。利水・治水の便益は専ら下流にあるが、下流でも、ダム建設によって漁業資源に支障が生じるとか、便益のため建設費の負担までしたくない、という反対意見もある。また、環境保護の立場からダムに否定的な人は、流域を問わず存在する。 さらに事態を複雑にしているのが、住居移転の苦痛を和らげ地域振興を図る観点から、道路建設、 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。