ワコール――塚本二世と「魔性」の女傑

六本木ヒルズ「密室の怪」に再捜査始まる。借り主は「元気印」下着の女社長だが、疑惑の根は深い。

2009年11月号 BUSINESS [企業スキャン]

  • はてなブックマークに追加

芸能ジャーナリズムを狂奔させたのりピー(酒井法子)夫妻の麻薬汚染の陰に隠れて、いったんは警察が「封印」した押尾学事件が10月7日から再捜査に入り、保釈された押尾被告を呼び出して事情聴取を始めた。これによって、本誌前号が報じた「のりピーと押尾と『似非セレブ』相関図」に登場する上場企業――女性下着のトップメーカー「ワコールホールディングス」(東証1部上場)をめぐる疑惑が今後、捜査対象となる可能性が出てきた。事件は8月2日、合成麻薬MDMAを一緒に飲んだ銀座ホステスが「歯を食いしばって痙攣、意識を失った」(押尾の供述)にもかかわらず、動転した押尾が救急車も呼ばず、マネージャーに電話をかけただけで3時間も放置、「死」を確実なものにしたことが発端だ。遺族が「なぜ119番しなかったのか!」と怒りの声をあげるのも当然で、発覚後ロクな捜査もしていないのにすぐ「事件性は ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。