「北海油田」を浪費した英国が停電目前

10年余のエネルギー無策と、ガス火力発電依存がアダ。日本も「環境」ばかりだと、たちまち二の舞か。

2009年11月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

エネルギー無策が国民に何をもたらすか、その好例がここにある。9月1日付の英国紙デイリー・テレグラフは衝撃的な記事を載せた。今後8年以内に英国は電力不足に陥り、国内1600万世帯が毎年少なくとも1時間の停電を余儀なくされるという。政府も7月15日に発表した「低炭素移行計画」の添付文書の中で電力不足の心配があることを認めている。英国には豊富な石炭に加え、北海油田の石油や天然ガスがある。しかも太陽光、風力などの再生エネルギーでも世界最大規模の潜在生産能力を持っているはずだ。その英国で「blackout(停電)」とは……いったい何が起きたのか。マーガレット・サッチャー保守党政権が、巨大で官僚的で中央集権的な中央電力公社を「発電」「送電」「配電」「小売り供給」に分割する電力自由化・民営化に着手したのは20年近く前――1990年のことである。国策分野に競争原理を導入することで ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。