ローカルスーパーを呑み込む 楽天「ネットスーパー」の野望

2009年10月号 DEEP [ディープ・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

仮想商店街「楽天市場」が既存スーパーを出店者に並べる「楽天ネットスーパー」が盛況だ。10月から首都圏の中堅スーパー、東急ストアが参加するのをはじめ、関西など各地のスーパーから打診を受けており、三木谷浩史社長は「各地区のローカルスーパーを取り込んでいけば、全国制覇が可能」と豪語する。参加したスーパーの各店舗が1日当たり50~100件の宅配をこなす仕組みを構築していく方針で、これを全国に広げることで将来は流通業界のニューリーダーに躍り出るという野望を秘める。ネットスーパーは、消費者がパソコンを開いて注文すれば、店舗に出向かなくても、指定したスーパーからその日のうちに商品が届く。取り扱い品目は米、野菜といった生鮮食品から日用雑貨、肌着、家電と幅広い。米やペットボトルなど重量物を自分で運ぶ必要がなくなるため、高齢化社会の進展とともに今後も高い成長が見込 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。