「北」の微笑に李明博が移す軸足

「いつもの戦術」と冷静。むしろそれを奇貨として「鄭雲燦首相」で中道左派取りこみを図る。

2009年10月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

「北朝鮮の変化は戦術的なものだろう」――韓国の対北朝鮮政策を統括する玄仁沢(ヒヨンインテク)統一相は9月2日、与党ハンナラ党主催のセミナーでこう述べた。「北朝鮮の変化」とは、ビル・クリントン元米大統領の訪朝による米女性記者2人の解放、玄貞恩(ヒヨンジヨンウン)現代グループ会長の訪朝による南北交流事業の再開合意、金大中(キムデジユン)元大統領の死去に伴う北朝鮮の弔問団派遣および同団の李明博(イミヨンバク)大統領との接見など、いずれも8月に見せた北朝鮮の“柔軟”姿勢を指している。朝鮮戦争などで南北に離別状態となっている「離散家族」の再会事業に関しても、北朝鮮は約2年ぶりに応じ、9月26日から10月1日まで実施することになっている。この事業では劇的な再会がメディアを通じて流れ、多くの韓国人が涙する。予定通り実施となれば、今回も同じ光景が見られるだろう。とこ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。