なぜか「西南雄藩」に残る自民党の力

2009年10月号 連載 [「軍略」探照灯 第42回]

  • はてなブックマークに追加

8月30日の衆議院選挙で民主党は308議席を獲得、自民党の119議席に大差をつけて圧勝した。その原因としては、①戦後日本が経済成長を続けて財政に余裕があったため、自民党は公共事業や補助金などの「利益の分配役」でありえたが、1990年代に入ると租税収入は低下し、赤字国債発行額が急増する財政危機の中、政府・与党は「不利益の分配役」にならざるをえず、支持の基盤を失った。②冷戦時代の自民党は、日本が西側陣営に属し、市場経済を発展させる、という単純明快な対外政策を取り続けえた。だが89年の冷戦終了、91年のソ連崩壊、中国の市場経済化の成功でその構図は崩れ、多極化する世界の中で自民党はイデオロギー的基盤を失った。③日本には徳川時代以来、役人に対する敬意があり、明治維新と第2次世界大戦の敗戦も「お上」への信頼は揺るがせなかったが、年金記録の杜撰極まる管理など相次ぐ失態や ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。