リビアの石油狙い英国がテロ犯釈放

2009年10月号 GLOBAL [グローバル・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

1988年12月21日、ロンドン発ニューヨーク行のパンナム旅客機がスコットランド上空で爆破され、日本人1人を含む乗客乗員259人全員と地上の住民11人が死亡した事件で、英国で無期懲役刑に服していた犯人のリビア情報機関員、アブデルバゼット・メグラヒが、「末期の前立腺ガンで余命3カ月足らずである」ことを理由に8月20日釈放され、リビアに帰国した。この「温情措置」をめぐり、英国のゴードン・ブラウン政権と、犠牲者の多くを出した米国のバラク・オバマ政権の関係が一気に冷え込んでいる。オバマ大統領はこの釈放を「誤りだった」と真っ向から批判。米政府は「英政府は、自国の権益のためにテロリストを釈放した」との疑念を隠さない。遺族会のスポークスマンも、釈放は英国と産油国リビアの間の「石油取引に直接かかわっている」と激怒している。これまでリビアとの裏取引を否定してきた英政府だが ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。