鵜の目鷹の目の「ベルシステム24」買収合戦

2009年10月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

米シティグループが投資先のコールセンター最大手ベルシステム24の売却手続きに入った。ベル24は09年2月期の売上高が1157億円、営業利益率は12%近い。その魅力に引き寄せられ、7月1日に締め切られた1次入札には伊藤忠商事や米巨大PEファンドKKRなど約10社が応札し、米ベインと英CVC、欧州系ペルミラのPEファンド3社に絞り込まれた。3ファンドはそれぞれコンソーシアムを組む見通しで、敗者復活もあり得る。脱落した伊藤忠などが巻き返しを狙っている模様。さらに三菱商事や三井物産なども「2次入札で勝ち馬ファンドに乗る算段をつけようと目論んでいる」(証券筋)。取り沙汰される売値は「サブプライムショック以降、久々の1500億円規模」(ファンド幹部)。だが、金融界で入札話が盛り上がる理由は金額の大きさだけではない。ベル24が「単に魅力的なだけではなく、日興など歴代スポンサーの権勢を削 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。