米英こそ「タックス・ヘイブン」の首魁

世界の租税回避資産は優に1千兆円超。税金逃れのパラダイスはカリブ海の島国だけではない。

2009年10月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

それは2007年8月、フィナンシャル・タイムズ紙のチューリヒ支局(スイス)への一本の電話で始まった。「私の名前は……仮に“タランチュラ”としておきましょう。面白いお話があるんです。スイスの銀行の秘密主義にとどめを刺し、私の身を危うくするような話が……」“タランチュラ”ことブラッドリー・ビルケンフェルトはアメリカ人だがスイス最大手のUBS銀行のジュネーブ支店でプライベート・バンキング(富裕層向け資産運用サービス業務)の担当だった。スイスとアメリカを往復し、アメリカの金持ちに投資の指南をしていた。もちろん財産隠し、つまり税金逃れの手助けはその重要な任務だった。それを彼は自ら告発したのだ。当然ながら彼は刑に処されることになったが、司法取引で追徴金のかなりの支払いの免除と刑期の短縮を手に入れた。世に名高いスイスの銀行の秘密主義。これに大きな風穴が開く日がとうと ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。