欧米、中国の後塵を拝する日本のワクチン製造能力

2009年10月号 DEEP [ディープ・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

H1N1型インフルエンザウイルス、いわゆる新型インフルエンザのパンデミック(世界的流行)が遂に始まった。日本政府は急遽、ワクチン確保に動き出し、国産ワクチンの不足分は緊急輸入で補おうとしているが、輸入ワクチンの接種には安全性を理由に反対論もある。新型インフルエンザワクチンを、世界で初めて承認したのは中国。9月上旬、中国の医薬品審査当局は、中国のベンチャー企業であるシノバック社製のワクチンを認可した。中国政府は早速、人民軍兵士への投与を開始。米国のオバマ大統領も9月中旬からワクチン投与を開始すると発表している。9月に入って日本の新型インフルエンザ患者も増加。死者が二桁になり、休校、学級閉鎖が続出している。ワクチンの製造、承認が急がれるが、国内の4社・機関で製造できるワクチンは当初予定の2500万人分に及ばず1800万人分にとどまる。我が国の製造法は有精卵 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。