自民党若手が「党再建本部構想」

カギを握るのは斬新な人材起用、そして民主党を圧倒する凄みのある政策を打ち出す度胸だ。

2009年10月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

「今回の総裁選では、ベテラン議員は後ろに下がって、見えないところからサポートしてもらえないか」9月7日午後。太陽が照りつける赤坂の議員宿舎には、中川秀直元幹事長を筆頭に、武部勤元幹事長、塩崎恭久元官房長官、世耕弘成元首相補佐官、山本一太元外務副大臣ら、15人もの自民党議員の姿があった。歴史的大敗で下野した自民党は、果たして解党的出直しができるのか。「責任力ある野党」として、民主党の受け皿になれるのか。再生自民党の未来を占う総裁選に向けて、中川氏は「衆院選惨敗の分析と総括をし、党の再建に向けた議論をしよう」と、電話やファクスで仲間に呼びかけた。直面する首班指名選挙を、どう乗り切るかがテーマになった。山本氏が口火を切った。「白票ではダメだ。麻生太郎の名を書くことも、あり得ない」。そして続けた。「臨時代理を立てて、まずは党として一本化することが重 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。