中国も「反民営化」で鉄鋼会社社長撲殺

経営難の国有企業でリストラに不満が爆発。共産主義国家なのに資産階級に労働者階級が反乱するという皮肉。

2009年10月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

7月24日夜、北朝鮮国境に接する中国吉林省最大の国有企業「吉林通化鋼鉄公司」で、組織改編に伴う人員整理を恐れた従業員3万人の抗議デモが発生、経営権を引き継ぐ民間企業出身の新任総経理(社長)、陳国軍を殴打、死亡させるという衝撃的な事件が起きた。それを25日朝にスクープしたのは、私が主宰する中国人権民主化運動情報センターである。前夜に私が陳の友人から死亡を確認した。その転電を米経済紙ウォールストリート・ジャーナル(アジア版)が第1面の半分を費やして報道、ロイター通信社も報道記事や分析記事を16回も流した。しかし新華社が事件を裏づける報道を行ったのは27日になってからだった。翌28日には中国の大手各紙が1面トップで報道し、続く2日間で「通化鋼鉄」(略称「通鋼」)は中国全土の著名ウェブサイトで一番の検索語となった。通鋼グループは58年創業の中堅鉄鋼メーカーで本 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。