プリンター「LED革命」に勝算子会社に救われる沖電気

世界の注目を集める独自技術のLEDヘッドプリンター。最大手の米ヒューレット・パッカードと手を組み、大化けも。

2009年10月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

プリンター専業の沖データ(東京都港区、資本金170億円、杉本晴重社長)が、経営再建に苦しむ親会社の沖電気工業(OKI)を救おうとしている。OKIブランドのプリンターといっても国内での知名度は低く、キヤノンやゼロックスに圧倒されている。しかしながら基幹部品のプリンターヘッドにLED(発光ダイオード)を用いた独自性が再評価されており、「2012年には売り上げ倍増を狙う」と、威勢がいい。沖データは1994年の設立だが、プリンターに関するOKIの歴史は意外に古い。1943年には数字印刷電信機、53年にはページ式和欧文印刷電信機(テレタイプライター)、65年にはページ式印刷電信機を開発している。OKIはNEC、富士通と並ぶ「電電御三家」。電電公社(現日本電信電話=NTT)のニーズを反映した機種が主体だった。

世界で初めて製品化の実績

世界の関心を集める独自のLEDヘッドプリンターも70年代からNTTとの共同研究に着手 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。