創価学会に「常勝関西」惨敗の衝撃

2009年10月号 連載 [RELIGIOUS WORLD]

  • はてなブックマークに追加

「捲土重来を期す」聖教新聞の9月1日号は、こんな見出しの「公明党声明」を載せた。衆院選敗退について、党の力量が足らなかったことを認め、支持者に対して「心からおわび」する内容だった。何せ小選挙区は太田昭宏代表、北側一雄幹事長(各肩書は当時)ら8人全員が落選、議席を31から21に減らす惨憺たる結果だった。比例の得票数も804万。前回の898万から94万票も減らした。公明党は結党以来、最も屈辱的な日を迎えたのである。もちろん、支持母体である創価学会は激烈な選挙戦を展開した。しかし、7月の都議選のような全員当選という「ミラクル」は生まれなかった。総選挙前の聖教新聞をたどると、焦りの色が日々濃くなっていく様子が透けて見える。最も顕著に表れたのが1面コラム「寸鉄」だ。「神戸・兵庫・北・長田区が執念の大追撃。関西魂の底力で圧巻の勝ち戦を」と檄を飛ばしたのが、8月25日。 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。