朝日新聞の「ペンの暴力」と戦った医師

2009年10月号 連載 [メディアの急所]

  • はてなブックマークに追加

朝日新聞の「ペンの暴力」に医師は負けなかった。「捏造まがいの記事」が載ったのは宮崎県版の連載「医師不足の現場から」(4月2日付)。宮崎大学医学部を卒業し、熊本県内で研修医として働く河津英里さんの「宮崎大は医師免許取得の合宿所といったところ」とのコメントが、本人の写真入りで掲載された。河津さんは「言っていないことを書かれた」と猛抗議。宮崎総局の調査で記者らの思い込みによる事実誤認が判明し、4月14日付県版で「河津英里さんに関する記述を削除します」などとお詫びを出した。しかし、河津さんの憤りは収まらなかった。「宮崎大医学部の教育の充実ぶりを強調したのに、記事の中で同大の医療設備が充実していないため、(研修地は)熊本の病院を選んだと受け取られるくだりがあった」からだ。宮崎総局と河津さんの意見対立は続き、双方が外部有識者で構成される朝日新聞の「報道 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。