「意趣返し」が話題の新聞協会賞

2009年10月号 連載 [メディアの急所]

  • はてなブックマークに追加

今年の新聞協会賞は異例ずくめだった。まず編集部門の「ニュース」部門に受賞作品がなかった。いわゆるスクープ記事が対象の同部門は協会賞の金看板。「該当なし」は20年ぶりという。今年は12社から14件の応募があり、7月24日の第1回選考分科会では、朝日新聞の「障害者団体向け郵便物割引制度悪用事件」、共同通信の「核持ち込み密約」、日経新聞の「キリン、サントリー経営統合」が候補に選ばれた。「どれが受賞してもおかしくない。高いレベルの接戦になる」(協会関係者)と評判だったが、8月3日の部門審査会で朝日の1本に絞り込まれた。日経の「キリン、サントリー」は「実現するかどうかわからない」という理由で退けられ、共同の「核持ち込み」は他紙に同様の報道があったことがマイナスになった。ここまで来れば朝日に決まりそうなものだが、8月20日の第2回選考分科会で日経と産経の編集局長が ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。