三井住友・大和証券「破局」の内幕

「金融再編の目玉」に浮上した大和証券。救いの手を差し伸べるのは外資か。それとも……。

2009年10月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

9月10日、東京・八重洲の大和証券グループ本社(以下、大和証券G)。鈴木茂晴社長は、10年間続けてきた三井住友フィナンシャルグループ(FG)との法人向け証券会社「大和証券SMBC」の合弁解消を発表した。「(三井住友)銀行がなければ、まったくできなかったビジネスはそんなにない。(合弁解消による)収益への影響は10%くらい」「短期流動性が2兆円近くあり、仮に2年間、短期金融市場でカネが取れなくても、資金繰りに問題はない」鈴木社長は先行き不安説を打ち消すことに躍起。「(三井住友から離れることで)違う商いもできるはず」と強気を装った。この合弁解消方針が報道された9月4日以降、市場では「メガバンクが持つ厚い法人顧客基盤と信用補完を失う」との見方から、大和証券Gの株価が急落した。

「恩を仇」と思った奥頭取

「日興コーディアル証券のリテール部門だけでなくホールセール部門まで買収して、大和証券SM ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。