公取が固唾のむ中国対「鉄の巨人」

鉄鉱石交渉中に上海でリオ・ティントの4人が拘束された。価格リーダーの座がかかる新日鉄。

2009年9月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

日本も対岸の火事ではない。7月5日、中国は上海で英豪資源大手リオ・ティントの社員4人の身柄をスパイ容疑で拘束した。4人には中国系オーストラリア人、スターン・フー氏も含まれ、スチーブン・スミス豪外相が直ちに懸念を表明したが、その4日後、今度は中国の大手鉄鋼メーカー、首都鋼鉄の幹部が「リオに重要情報を提供した」として拘束されたと報じられ(第一財経日報)、中国が贈収賄の立件をめざしているとの観測が強まった。中国青年報も、同23日付で「02年以来、中国の鉄鋼業界は累計7千億元も過払いしてきた」として「産業スパイや内通者は中国の鉄鋼業界を混乱に陥れた」と暗にリオを非難した。これは拘束に国家意思が働いていることを示唆している。日本を抜いて国内総生産(GDP)で世界第2位になろうとしている中国が、米国人女性記者を“拉致”して交渉カードに使う北朝鮮並みに「人質外交」の ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。