橋下府知事が引っかき回す「堺市長選」

2009年9月号 連載 [LOCAL EYE]

  • はてなブックマークに追加

「政治、行政で最悪なのは馴れ合い。国政でバチバチ戦っているのに何で堺市では戦わないのか」8月8日、大阪府堺市の街頭に立った橋下徹大阪府知事は3選を目指す現職の木原敬介市長(69)への相乗りを狙う自民・民主・公明3党の動きを厳しく批判した。堺市では、9月13日に政令指定都市となって初の市長選挙が公示される。この日、橋下氏が街頭に立ったのは、今年7月まで府の政策企画部長を務めた直属の部下、竹山修身氏(59)を応援するためだった。当初、橋下知事は「部下ですから応援したい」と公然と語り、批判を招いたが、首長連合に影響が及ぶと見るや「マニフェスト次第」とトーンダウン。しかし、結局、竹山氏の応援を決めた。ある堺市議は「3党の現職推薦がほぼ固まった時期に立候補するのは混乱を招くだけ。それに府知事が加勢するとは何事か」と憤懣やる方ない様子。そもそも竹山氏は前々回市 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。