中田宏「リセット辞任」の裏事情

スキャンダルまみれの横浜市長が突如辞任。政界再編への野心の裏で、「火宅の人」の腹の底は。

2009年9月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

7月28日、横浜市長、中田宏は突然、辞意を表明した。JR関内駅と横浜スタジアムの間に立つ市庁舎の会見室。「横濱開港150年」の宣伝板を背に、中田は市議会議長に辞表を提出(地方自治法で8月17日に正式辞任)したことを明かした。任期7カ月を残してなぜ?当然出るその疑問に先手を打って、彼は淀みなく理由を並べ立てる。開港150周年事業が一段落したこと、8月30日の衆院選と市長選が一緒なら10億円節減できること、新市長が新年度の予算や人事に着手できるほうが望ましいこと……など、立て板に水とまくしたてた。「今期限りで仕事の区切りをつけ、どのタイミングで退くかということだけ、正月以降考えてきた。衆院選に出るつもりはない。衆院選に出るから辞めるのではなく、解散がどこまで延びるのかを念頭に置きながら、市長選を衆院選とやったほうがプラスであると、行政の長としての判断を下した」空 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。