「馬糞に金粉」迎合格付けの災厄

日本の証券化商品CMBSで“誤診”率が8割を超す。発行体とつるんだ「全員共犯」の構図。

2009年9月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「格付け会社は毒入り資産に魔法の粉をふりかけ、馬糞を愚者の黄金に仕立てた。こうした問題産業に対する規制は、もはや手ぬるい修正くらいで済ますわけにいかない」7月24日、ロイター通信が流した米下院金融委員会の実力者、ポール・カンジョルスキ議員(民主党、資本市場小委員会委員長)の発言である。サブプライム・ローンに端を発した金融危機の「戦犯」と批判を浴びてきた格付け会社に対し、大がかりな改革が必要と主張したのだ。同日、格付け会社ビッグ3の一角「フィッチ・レーティングス」は、筆頭株主のフィマラックSA(本社・パリ)が、その株式の20%を米国のハースト・グループに売却すると発表した。将来はフィマラック6割、ハースト4割の持株比率にするという。ハーストといえば、映画『市民ケーン』のモデルとなった新聞王が興したメディアのコングロマリット。不振の新聞から多角化で収 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。