8月15日の日記たち

「玉音放送」に十人十色

2009年9月号 連載 [日記逍遥 第8回]

  • はてなブックマークに追加

「正午、聖上御躬らマイクの前に立たせ給ひ、勅語を給ふ。文字通り一億泣く」8月15日といえば、玉音放送に涙に安堵感。そんなイメージを持つようになったのは、細川護貞日記のこの一節を目にしてからだろうか。だが、大戦の間の日記、すなわち戦間期の日記を読み進めると、すべてが揃っている日記は稀であることに気づく。玉音放送はあっても涙のない日記もあれば、涙はあっても安堵感のない日記もある。じっさいこれまで紹介した日記なども、じつに様々な8月15日となっている。「午前三時二十分、戸田侍従来室、今暁一時半頃より近衛師団の一部反乱せるものの如く、行動を起し、本省の通信施設を占領遮断し、御文庫も包囲せられ居り、連絡とれずと云ふ。容易ならぬ事態故、直に起床」『日本のいちばん長い日』の始まりに、内大臣木戸幸一の日記は緊迫している。「機密重要書類を破り、便所に流し、それ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。