日興アセマネ買収を決めた住友信託の身の程知らず

2009年9月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

約1100億円で日興アセットマネジメントの買収を決めた住友信託銀行。住信は近年、八千代銀行や不動産金融のファーストクレジットへの出資・買収を繰り返したが、業績は鳴かず飛ばず。「M&A下手」を絵に描いたような住信が挑む身の丈を超えた大型買収は、墓穴を掘る危険性が高そうだ。日興アセマネは商品設計力に定評がある国内有数の資産運用会社。これまで主に日興コーディアル証券の販売ネットワークで金融商品をさばいていたが、その日興コーデは住信が距離を置く三井住友フィナンシャルグループ入りが決定。日興アセマネが投資家の注目を集める投資信託を開発しても、住信には日興コーデのような店舗網も販売力もなく、宝の持ち腐れになりかねない。そこで住信は投資負担の軽減と販路維持のため、三井住友に日興アセマネ株を一部譲渡する協議に入った。ただし、三井住友側は部分出資で得られる配当 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。