久光製薬とゼリア新薬がキラリと光るM&A

2009年9月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

久光製薬、ゼリア新薬工業という国内中堅製薬企業が、相次いで欧米製薬企業の買収に踏み切る。武田薬品工業、第一三共、エーザイといった大手とは異なり数百億円規模の小型買収だが、それぞれ得意領域の拡大と国際展開の礎を築くための一歩であり、マーケットから評価が得られそうだ。久光は、医療用の貼り薬では過半のシェアを持つトップブランド「モーラステープ」で事業規模を拡大してきた。同社が7月に4億2800万ドル(約400億円)で買収した米国のノーベン・ファーマシューティカルズも皮膚から薬剤を吸収させる独特の経皮吸収技術を有している。久光は、01年にノーベンの株式を4・98%取得していたが、今回100%買収、完全子会社化して米国事業に乗り出す。ゼリアが9月に1億3600万スイスフラン(約120億円)で買収するのはスイスのティロッツ社。「アサコール」という腸の炎症性疾患の治療薬を開発 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。