在京キー局から落伍する 「不動産のTBS」

2009年9月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

大手テレビ(在京民放)5局の中で、TBSの凋落が著しい。8月5日発表の第1四半期(4~6月)連結決算で早くも白旗を掲げ、5局で唯一の通期最終赤字を宣言。前期は16億円の黒字だったのが、今期は49億円の赤字となる見通しという。94年度から始まった連結決算発表で初の最終赤字転落だ。原因は本業の放送事業の不振にある。前期も15億円の赤字だったが、今期期初予想では65億円、第1四半期決算発表では137億円の赤字を見込む事態に。これに対して『おくりびと』などの映画や流通が主力の映像・文化事業は前期121億円の黒字→期初予想60億円の黒字→8月予想68億円の黒字とむしろ改善。東京・赤坂の本社周辺の再開発「赤坂サカス」は同77億円→75億円→75億円と計画どおりの安定利益源となっている。同社自身も第1四半期決算の説明で「広告市況の低迷等により放送部門の業績が悪化、利益は大幅減。映像・文化事業 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。