不死身のファンドマネージャー

2009年9月号 連載 [CHALLENGER]

  • はてなブックマークに追加

「強固な財務基盤や高い目利きの能力を活かして、新たな技術、ノウハウ、人材を結集する事業に取り組む」政府が次世代の成長産業創出をめざし、鳴り物入りで創設した官民ベンチャーファンド「産業革新機構」。その初代社長に就いた能見公一氏(63)は、7月27日の発足式でこう語り、投資成果に意欲を示した。国が820億円、パナソニック、シャープ、東京電力など民間企業16社が85億円を出資するほか、政府保証を活用して民間金融機関から最大8千億円を借り入れるため、投資可能額は9千億円にのぼる。かつて農林中央金庫のファンドマネージャーとして世界に名を馳せた能見氏には申し分のない舞台装置。自らも500万円を出資したのは意気込みの表れではないか。革新機構の使命は、①大学などが持つ特許など知的財産ファンドへの出資、②ベンチャー企業から技術などを買い取るファンド(セカンダリーファンド) ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。