「民主党政権」を抱き込み特会に斬り込む財務省

2009年9月号 連載 [政々堂々 第9回]

  • はてなブックマークに追加

総選挙での民主党勝利が確実視される中、政権交代を見越した霞が関の「民主党抱き込み作戦」が本格化している。先頭に立っているのは、財務省である。財務省は民主党の「脱官僚路線」に戦々恐々となっているどころか、逆に「高揚感」すら漂っているという。財務省有力OBの一人が語る。「政権と霞が関の関係について、以前は『どうなるか』と懸念もあったが、いまや財務省は自民党より民主党政権のほうが与しやすし、と自信を深めていますよ。現場の官僚たちは『これなら、思う存分やれそうだ』と、すっかり意気軒昂です」財務省は表向き「民主党の政策には財源がない」と批判してきたが、じつは民主党政権誕生を内心歓迎している。なぜかといえば、これまで手をつけたくてもつけられなかった「特別会計の聖域」に斬り込める可能性が出てきたからだ。民主党はマニフェスト(政権公約)で一般会計と特別会 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。