鳩山「お坊ちゃま宰相」の真贋

しれっとした政界遊泳術。「金持ち争わず」の貴族スタイルこそが、最後に勝利を摑む鳩山の持ち味か。

2009年9月号 POLITICS [したたかな「宇宙人」登場]

  • はてなブックマークに追加

長い前哨戦を経て、ようやく衆院選の号砲が鳴った。しかし、4年ぶりの選挙というのに、何とも盛り上がらない。最大争点にして一番ドラマチックな結末であるはずの政権交代が、とうに織り込み済みであるためだ。本番まであまり長く待たされ、感興をそがれてしまったせいもある。ともかく天下分け目の決戦という高揚感は、ほとんどない。選挙戦の興味といえば、有名候補たちの当落や、自民・民主両党の最終的な獲得議席数などに限られるが、いずれも大勢を変えるに足らないエピソードの類いだ。しかし、日本版「チェンジ」に、米国並みの「イエス・ウイ・キャン」と叫びたくなる気勢が欠けている理由は、それだけではない。世の関心はすでに、民主党政権で何がどう変わるのか、いつまで続くのか、という点に向いているが、そこでも期待より不安、希望より疑念が先行している。今回の政権交代は、何はとも ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。