三井住友「ポスト奥」の暗闘

奥頭取が「住友支配」を決定づける役員人事を断行。大本命の国部専務で院政狙うが……。

2009年9月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

三井住友フィナンシャルグループ(FG)の役員人事をめぐって「事件」が起きた。今年4月のことだ。それを契機に、行内で「暗闘」が始まった。「事件」とは、三井住友FGの経営会議メンバー16人の内訳を、旧住友銀行出身者を10人、旧三井銀行(旧さくら銀行)出身者を6人としたこと。2001年の経営統合以来、経営会議メンバーは旧住友8人、旧三井8人の配分が続いていた。「対等の精神」に基づく「統合の証」だった。それが一気に崩れたのである。役員人事を押し切ったのは旧住友出身の奥正之頭取。その直前に、奥頭取は親しい住友グループ首脳に「旧行のバランス時代は終わった。これからは住友中心で経営する」と上機嫌に話していたという。奥頭取とCEO(最高経営責任者)の地位を分け合う旧三井出身の北山禎介三井住友FG社長は当初、「年次構成の偶然による一時的な現象」と意に介さなかったという。とこ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。