ユニークなマスコミ塾「スイッチオン」

2009年9月号 連載 [メディアの急所]

  • はてなブックマークに追加

マスコミセミナーといえば、高い授業料を払って、作文の添削からエントリーシートの書き方、面接指導などを受けるのが「定番」だが、今春から夏にかけ一風変わった講座が東京都内で開かれた。「スイッチオン」プロジェクトと題されたこの講座は、応募した学生40人を8人ずつ5班に分け、それぞれの班を3人のデスクが指導した。呼びかけたのは元徳島新聞記者で、ブログ「ガ島通信」で知られる藤代裕之氏。「日本のメディアの底上げを」という趣旨に賛同した寺島英弥・河北新報生活文化部長や坪田知己・日経メディアラボ所長ら現役のライター、メディア研究者など計15人が集合、「デスク」を買って出た。「スイッチオン」とは「人生の転機」という意味。学生が取材対象を絞り込み、その相手のスイッチオンについて、インタビューし、原稿に仕上げる。ここまでなら他のセミナーでもないことはないが、本企画 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。