朝日新聞がまたも「大組織改革」

2009年9月号 連載 [メディアの急所]

  • はてなブックマークに追加

朝日新聞がまたしても大規模な組織改革に乗り出す。2年前に政治部、社会部といった「大部制」を廃止し、担当を細分化した「グループ制」を導入したばかり。今度は、このグループから記者を引き抜き、来年4月に東京本社に100人規模の特別報道センターを新設するという。政治部出身の木村伊量ゼネラルマネジャー(編集局長)が指揮しているようだ。特別報道センター内には、新型インフルエンザ問題を担当する「パンデミックチーム」、民主党や新政権を取材する「パンドラチーム」、「北朝鮮チーム」の3チームが置かれるほか、過去に偽装請負問題などを追及した「特別報道チーム」も移行する。また、「パンドラチーム」と既存の政治グループが共同管理する形で、地方の総局から1人ずつ約50人を集めて「政策検証班」を設ける。政権交代に合わせて政治報道を強化する方針だ。このため編集委員は編集委員室か ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。